時間割を作る

「一人で学習する事」の難しさを、ひしひしと感じています。
もちろん、そうでない人もいます。しかし、通信教育(自宅学習)の難しさを語る人もたくさんいます。
わたしは、相当なグータラです。そして意志が弱く、易きに流されやすいのです。するべき事を意識しないでいると、いつまでもダラダラし続けています。
インターネットを利用した学習は、いろいろな楽しいサイトの誘惑が多くあります。
本を利用した学習は、漫画本やファッション雑誌の誘惑があります。

そこで、学生時代おなじみの「時間割」を作る事にしました。
手書きは面倒そうなので、icalというソフトを使う事にしました。
先に家事や約束事、用事などを書き込み、休憩を挟みながら学習時間や内容を入れ込んでいきます。
現在、「時間割」をつくりはじめてから1週間経ちました。大体「時間割」通りにいっています。8割くらい? 突然の用事などには、フレキシブルに対応しております。

(以下4月8日追記)時間割を作って気づいた利点は、
*やりたい事が意識できる。
…これは、「時間割ではこういう予定がある」と言う事を意識する事により、無駄な行動がずいぶん減りました。
*自分の行動する時間を、把握する事が出来る。
…時間割で組んでいた時間より、早く終わったりオーバーしたりします。例えばアイロン掛けや布の裁断、片付け等は予想より早く終わりました。
反対に文章を書く事、ミシン掛け(つか糸調子)買い物などは予定よりかなり時間がかかります。ここにはわたしのウイークポイントが隠れて?いるのでしょう。
自分を見つめ直す事にも役立っています。
[PR]
by sae_1975 | 2005-04-07 20:24 | お勉強@野望編
<< 本当は「ゴミ」なんて無い…筈 ハジメマシテ! >>