大雑把手打ちうどん、だご汁転職編

今日は、夫のリクエストですき焼きうどんを作ります。うどんを打つのは簡単です。
d0021080_0241733.jpg
配合
強力粉 全体の3分の2
薄力粉 全体の3分の1(粉の配合は適当です。強力粉だけや薄力粉だけの時も有り)
塩   1つまみ
以上の材料をボールなどに入れ、水を少しずつ足しながらこねます。まとまってきたらさらに5分弱こねると、つやつやのうどん生地になります。(まとまっただけでもいい、超適当)
ボールに蓋をかぶせ、10分ほどうどん生地を寝かせます。(寝かせなくてもいい。やっぱり適当)
まな板などに打ち粉(少量の小麦粉、生地がくっつくのを防ぐため)をし、うどん生地を伸ばしやすい大きさに分けてのばし、包丁で切る。(厚さ太さは適当に)切り分けた麺には打ち粉をしてほぐしておく。
鍋に湯を沸かし、塩少々を入れてうどんをゆでる。堅さは味見して決めてください。

…とまあ、こんなに簡単にできます。職人さんじゃないんですから、見た目にはこだわりません。家庭料理ですから。普通にうどん麺買ってくるよりおいしいですよ〜

しかし、こんな余裕ぶっこいてるわたしに天罰が下りました。

…打ち粉用の小麦粉が無い◯| ̄|_

打ち粉が無いと、まな板にくっついてしまい、麺に加工する事が出来ません。
仕方が無いので生地を小分けにし、粘土遊びよろしく手でひも状にしました。
沸騰した湯の中に投入します。
d0021080_0231691.jpg

…。
心の中で「うどんうどんうどんうどん」と唱えます。
浮いてきて少し経ったところでお湯をきり、別に作ったすきやきだし(もどき。昨日の煮物の残り汁)の中に放り込みます。少し煮込んで完成です。
d0021080_0225921.jpg
「…虫?」とほざくのたまう夫をなだめ、「すき焼きだご汁」と言い聞かせて食卓につきました。(ここからだご汁に転職)

味は良かったらしいです◯| ̄|_
[PR]
by sae_1975 | 2005-04-14 01:07 | 日々 雑事
<< 知る事を恐れない事 わたしがエコを勧めたい理由 >>