「"持続可能な社会"ってどんな社会?」を考える、ちょー珍走編

…終わった_| ̄|○
EBRTEE第二回「"持続可能な社会"ってどんな社会?」に参加したい! と思い、考えはじめたのはよかった?のだけれど、夫に話した所大議論になってしまい、昨日寝る直前まで議論してました。疲れた…。
こっから下はめっちゃ暴言吐いています。無駄にアツくてウザイです。ご注意ください。書いた本人も訳わかってません。




しかし「持続可能」って、使いようによっちゃ危険な言葉だなーと感じました。持続可能って何ぞや?と思い、検索してみたり辞書繰ってみたりしたのですが、とある広告で「持続可能」を売りにしたものを見ちゃいました。
環境問題において、「持続可能」と言う言葉は、現在が持続可能では無いと言う認識のもとに使われているのだと思います。どうやって持続可能な方に向かうかを語ったり研究したりする際に使われる事が多い様に感じます。
しかし、その広告の使われ方はちょい違ってました。(つうか、違う様に感じました)
「こんな技術が使われているから《エコロジカル》《持続可能》なんですよー☆もう安心☆(勿論こんなあからさまじゃ無かったです;)」
…みたいな。気のせいだと言われたらそれまでですが。
環境問題に対し、正確な認識がある人は少数だと思います。大多数の人は、そんなイメージ戦略使われちゃうと「環境問題は解決に向かってる?」と思われそうです。
(ちなみに、これと同様の事を「エコロジー家電の広告」にも感じます。決してエコロジー家電や技術を否定するものではありません。本当です〜><;)
別にメーカーに対し、売る努力をするなと言っている訳ではありません。ただ環境保護の分野で使われる事の多いこの単語(しかも意味がよくわからない←わたしだけか;)をこんな風に使うのはアンフェアじゃないんですか?って事です。
…話めっちゃそれました。「持続可能」って言葉は、使いようによっちゃ思考を打ち切らせる言葉になりそうで恐いなーと思ったのでした。
[PR]
by sae_1975 | 2005-04-18 02:34 | 日々 雑事
<< 着物が気になる! 「"持続可能な社会&... >>