カテゴリ:eco日誌( 27 )

環境のお値段おいくら?妄想編

こんなニュース「リサイクル委託料増で支払い拒否」がありました。「お値段」でモノを考える方が多いようで。

で、「環境に値段を付けちゃえ
いろいろなジャンルの違う物を比較しようとすると、一番わかりやすい(やりやすい)対象って「価格」じゃないでしょうか?
村上龍さんの本で「あの金で何が買えたか」と言う本がありましたが、無駄と思われる投資額などを、身近なもの何個分になるか?などと例えてありました。
その本のパクリ?です。今イチ価値のわかりにくい環境、将来の不安材料などにお値段を付けたらどうだろう?という妄想です。

例えばニンジン。価格設定は適当。
*ニンジンA 本体価格100円(税込)
◯◯という農薬を使用。残留農薬が蓄積された場合、将来予想される病気の治療費2500円(時価)。
*ニンジンB 本体価格350円(税込)
有機栽培のため、過去のデータから安全性は証明済。

…解りやすく、ない? 
こんな調子で、森林にダムとしての、またCO2分解作用の働きのお値段をつけてみたり。オゾン層に紫外線防止効果や…(延々と続く)
ちなみに、こんな調子で先程のニュースの損害賠償を考えると、かなりイイお値段かと。(しかしすごいニュースだ…)


しかし超ありえない。ここまで書いといてアレですが。
環境危機時計もバラバラなのに、「環境のお値段」なんてもっと価格帯がバラけそうです。

追記:ニュースに出てくるスーパーってここでしょうか? だとしたら一部コンテンツはJARO…(><;)
違ったらすみません。
[PR]
by sae_1975 | 2005-04-20 22:01 | eco日誌

○| ̄|_日誌

花見の跡、ごみの山 伊勢宮川堤公園、2日で3・7トン

…◯| ̄|_
イヤ、毎年あるニュ−スの一つですが。毎年「うげぇ;;」って思っていましたが、こんなにがっくりきたのは始めてです。
正直、去年までは「まあ、無礼講だしストレスたまっているだろうし」などと思っていたのですが、今年はちょっと違います。
この人たち、いつもこんなに散らかしまくっているんだろうか?
思うに、いつもは「普通の」人たちが大多数だと思います。(いつもこんなだったら、社会人としてもヤバいような…;)「花見はこういう事をしても許される」という「風潮」が根付いているのだろうな、と思います。そしてそれが伝播していって、続いていって…。
超!極論ですが、ゴミを放置して帰ろうとする団体の側に、こんな「サクラ(花見と掛けた訳じゃないですよ;)」を置いてみるのはどうでしょう。
(ここからサクラの人たち。周りに聞こえる様に)
「えーあの人たちゴミ置いて帰ってるー」
「マジ?超うざ!」
「ていうか超ありえなくない?」
(サクラ、笑いながら退場)
…何の三文芝居ですか。本当スミマセンm(__;)m
何にしても、ゴミを放置するのは恥ずかしい事、間違った事だと言う認識が広まって大多数になると、ゴミ放置派が肩身狭くなって減りそうな気がします。
(…本当は、「ゴミ」がこんなにでるのってどうよ?と思っていますが)

<どうでもいい話>
今度、こういう記事(というにはおこがましすぎるレベルですが)を書いてみようと思ってます。
「《欲しい》を科学する」と「農業の位置と就職」です。
特に「農業の〜」の方は気になる記事があったので、投稿できたら初トラックバックしてみようかな〜と。が、がんばろう!(首締めてるかな〜;;)
[PR]
by sae_1975 | 2005-04-15 23:10 | eco日誌

水筒二本目!!

d0021080_11563374.jpg


新しい水筒を購入しました。手前のステンレスカラーのマグタイプです。350ml。
奥の水色×黄色の水筒500ml(4年くらい使用)を使わないのではなく、ちょっとお出かけする時などはマグの方を使おうと思っています。500mlは、専業主婦のわたしの外出にはちょっと大きく感じていたので。(お勤め中の時は良かったんですけど…)長時間外出の際には、もちろん500mlさんにも働いてもらいます。病気の時にも。
わたしは、水筒のカバーを作るのが好きです。500ml水筒にも5つ作っています。着せ替え状態です(^^;)バッグや服に合わせて選ぶのが楽しいです。作るのも楽しいです。(着せ替えって…エコじゃないですよね、ごめんなさい。でも、可愛い物でないと持ちたくないんです。わがままだな〜)
もちろんこの350mlマグにも作ろうと思っています。かぎ針に挑戦してみようかな、洋裁のあまり布を裂いて。
[PR]
by sae_1975 | 2005-04-14 12:17 | eco日誌

わたしがエコを勧めたい理由

なんたって自分のためです。だってエコバッグも水筒も、広がったら変な目で見られなくていいし(^^;)。
(でもやってますけど。自分のココロに正直に居たいから)
包装方法を考えてくれるお店が増えたら、買い物が楽になります。
そして、「もったいない」っていう文化が好きだからです。現在の大量消費推進社会には、無理やいびつな物を感じます。「もったいない」といい、作り変えたり再利用したり(RecycleとReuse)していた文化が、かつての日本にあったのです。とても美しい文化だと思います。
(わたしの妄想ですが、「もったいない」は現在の文明を進化させるキーワードではないのかなーと思っています)

ただ、人に勧めるのって難しいですよね〜。もっと国や教育の場で啓発してくれたらいいのに、と思います。そうしたら話をきりだしやすいし…(弱腰)
[PR]
by sae_1975 | 2005-04-13 22:41 | eco日誌

物を大切にする事

d0021080_0553088.jpg

このつげ櫛は、12年ほど前に京都で購入した物です。
つげ櫛はよくあるプラスチック製の物と違い、髪に優しく感じます。そしてくせ毛のわたしにとって、この目の粗い「パーマ櫛」はちょうどいいのです。
五年前、また京都に旅行に行きました。そしてこの櫛を売っていた店に行き、「まだこの櫛使ってます。古くなったから買い替えようかと思います」と見せました。
そうしたらそこのおばちゃん、
「まだまだ7年しか経ってへん。わたしのこの櫛は40年使ってます」と言って、わたしの櫛より目の細かい、深い飴色の櫛を見せてくれました。
美しい鈍色に輝く櫛を、無造作にポケットから出して見せる、当たり前の事の様に振る舞うおばちゃん。(そのおばちゃんにとっては、当たり前の事なんだろうな)
そのおばちゃんの格好よさに(そして自分のバカさ加減に)、わたしはすっかりしびれてしまいました。
物を大切にする人、そして使い続けられてきた物。どちらも新鮮でした。そしてとても格好よく映りました。
結局、わたしは櫛を買う事なく店を去りました。

そして、未だにこの櫛を使い続けています。
まだまだ12年。これからもずっと、年をかさねてゆきます。あたりまえのように、一緒に。
(物を大切にする事は当たり前の事だと言う事、最近本当に気がついた様に思います)
[PR]
by sae_1975 | 2005-04-12 01:33 | eco日誌

可愛くなくっちゃイヤ☆@出来る範囲のエコ、初心者編

「出来る範囲のエコ、初心者編」の記事に書いた事に関してですが、わたしの行動を決める上で大変重要な基準があります。
それは、「可愛い」事、そして「気持ちいい」事。
「可愛い」も「気持ちいい」も、両方大事です。

例えば、「買い物の際、ビニール袋はもらわない、エコバッグを使う」この項目などは、わたしの中では
*白いビニール袋を下げて自転車に乗る、その袋を「ゴミ」として処分する→可愛くない、気持ちよくない!→だから可愛いエコバッグを使う。
となります。
(ただし、周りの視線は気持ちよくないです(泣)エコバッグが一般化したら楽なのに。だからエコ推進派なのですが(笑))
この事と同様、包装されたもの(ラップ、外袋など)を「ゴミ」にする事も気持ちよくない事ですし、そうする自分の姿も可愛いとは思えません。
水筒だってより安心な野菜だって、可愛くて気持ちいいから使うのです。

ところで、エコを意識するきっかけは、いろいろあると思います。
その中に「可愛いから」エコ、「気持ちいいから」エコ、もあってもいいのでは? と思います。
「節約」からエコ、もありですよね。
[PR]
by sae_1975 | 2005-04-10 15:08 | eco日誌

出来る範囲のエコ、初心者編

エコを意識してまだ数ヶ月、それでも生活は少しづつ変わっています。

昔からやっていた事
*水筒を持ち歩く(元々は節約とダイエットの為だった)
*旬のものを食べる(これも節約から。なんたって安い)
*電気やガス、水をを無駄遣いしない(これも節約から)
*「使い捨て」の物にはなるべく手を出さない(やっぱり節約)
*口にする物は、表示を見て買う(夫の影響。合成着色料でお腹を壊す人です)
*合成洗剤を使わない(わたしは人工香料が嫌いです。臭く感じます)

これに、以下の事が加わりました。
*エコバッグを持ち歩く。レジ袋をもらわない(でも、前からレジ袋を断って手持ちのバッグの中に入れたり、手持ちの布バッグに入れてもらったりとかしてたな…)
*自転車購入! 車はなるべく使わない
*ラップ、ホイルをあまり使わない、蓋を使う
*「ものを買う」事を、きちんと考える。どうしても必要?
*「ものを処分する」事も、きちんと考える。買うときにもね
*食材の無駄を減らす、可食部分を増やす
*「外側」を食べても安全な食材を買う
*掃除の時はほうきを使う。お茶がらをまいて掃除してます
*寒暖の差は、衣服で調節。暖房冷房はその後に
*あまり声を大にしてはいえませんが、布ナプキン使いはじめました。

…このくらいかなあ。
今のところ、100%出来ている訳ではないのですが、すこしづつ出来る様になっていっています。これが早く身に付くといいな。
[PR]
by sae_1975 | 2005-04-09 13:22 | eco日誌