<   2005年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

春と読書とおひるごはん

天気がよかったので、ひとりピクニック?してきました。
d0021080_15291090.jpg八重桜の下でお昼ご飯と読書です。


d0021080_15305760.jpgランチ(笑)はパン4つ。
パン屋まで自転車で5分、さらに公園まで5分。


このパン屋さんは国内産有機小麦、放し飼い鶏の卵などを使っています。保存料などを使っていないため、悪くなるのも早いです。バター、卵多めらしい。
材料にこだわっているせいか、本当においしい!! 他のパン屋さんでは買えなくなりました。
風景や時間ごと、たまの贅沢です。

食事が済んだら、コーヒー飲みつつ読書です。風来好日を読破。
2時間ほど地べたに座りっぱなしだったので、ジーンズがちょっとしっとりです。
[PR]
by sae_1975 | 2005-04-22 15:53 | 大雑把スローライフ

客引きサイトの野望、オモテとウラ

わたしの野望は「環境問題提示サイト製作」です。
もっとえげつなく言うと、「環境問題客引きサイト製作」をしたいです。

環境問題を正しく理解している人は、おそらく少ないと思います。
わたし、出来てません。(それでも以前よりはマシ)
そんな人たちが「エコって何?」と思ったとき、すんなりこっち側に引き込めるサイトを作りたい! と思っています。
現段階でどうやっていいのかさっぱり解りませんが、ネットをうろつくといろいろなヒントが転がっています。改めてネットって凄い。
ここまでは表向き。

ここからはウラ。
パートでも正社員でも働こうとすると、大量生産大量消費に関わる仕事がとても多いし、働きやすいのです。
そんなわたしも、ちょっと前までそういう職場にいました。
そうでない職場への門戸は、あまり開かれていません。周囲の理解も薄い。それが歯がゆかった。
(だから農業の現状を知りたいのですが…)
今は貯金を取り崩しつつ専業主婦やってますが、遅くとも1年後にはまた働きはじめます。
(ちなみに、夫と生活費半分こです。夫のせいではなく、わたしが希望しました)
環境問題が世間に広まると、即したニーズも出てくるはずです。そこに雇用も生まれる。
レジ袋課金にしても、反発が大きいと実現しません。
だから少しでも、環境の問題点を伝えたい。こっちに「客引き」したい。
わたしのエゴです。

<翌日追記>
この書き方、めちゃ生意気ですね(><;)
不満…と言う事ではなく、「入門」に特化した、子供向けでないものを作りたいのです。

<関係ない話>
とうとうパンまで作ってしまいました。しかもフライパンに油引いて焼いた…。
ライフスキルは確実にあがってます。
この1年以内(っていうかあと10ヶ月ちょい)には酵母起こします。
[PR]
by sae_1975 | 2005-04-21 11:24 | お勉強@野望編

環境のお値段おいくら?妄想編

こんなニュース「リサイクル委託料増で支払い拒否」がありました。「お値段」でモノを考える方が多いようで。

で、「環境に値段を付けちゃえ
いろいろなジャンルの違う物を比較しようとすると、一番わかりやすい(やりやすい)対象って「価格」じゃないでしょうか?
村上龍さんの本で「あの金で何が買えたか」と言う本がありましたが、無駄と思われる投資額などを、身近なもの何個分になるか?などと例えてありました。
その本のパクリ?です。今イチ価値のわかりにくい環境、将来の不安材料などにお値段を付けたらどうだろう?という妄想です。

例えばニンジン。価格設定は適当。
*ニンジンA 本体価格100円(税込)
◯◯という農薬を使用。残留農薬が蓄積された場合、将来予想される病気の治療費2500円(時価)。
*ニンジンB 本体価格350円(税込)
有機栽培のため、過去のデータから安全性は証明済。

…解りやすく、ない? 
こんな調子で、森林にダムとしての、またCO2分解作用の働きのお値段をつけてみたり。オゾン層に紫外線防止効果や…(延々と続く)
ちなみに、こんな調子で先程のニュースの損害賠償を考えると、かなりイイお値段かと。(しかしすごいニュースだ…)


しかし超ありえない。ここまで書いといてアレですが。
環境危機時計もバラバラなのに、「環境のお値段」なんてもっと価格帯がバラけそうです。

追記:ニュースに出てくるスーパーってここでしょうか? だとしたら一部コンテンツはJARO…(><;)
違ったらすみません。
[PR]
by sae_1975 | 2005-04-20 22:01 | eco日誌

着物が気になる!

わたしは(多分)、日本文化オタクです。
日常的に土鍋や南部鉄器の鍋を使っています。昔ながらのかつお節削り機(いわゆるかんな式です)も使っています。掃除はほうきにお茶がらです。(週一は掃除機ですが)好きで見に行く絵画展覧会は院展です。

展覧会はともかく、これらの家事に対する行動はわたしにとって「楽」と「エコノミー」を兼ね備えたものです。土鍋でご飯炊くのも、炊飯器より楽です。ご飯専用のものじゃないですが。かつお節削りも簡単。掃除機はちょこまか動けないから苦手。
ちなみに、わたしはひじょーに大雑把な人間です。友人や夫から「O型の中のO型」「超面倒くさがり」「すごい天然」などと言われ続けております。こんなわたしが続いているんだから、きっと誰がやっても楽だと感じるのではないかと。(本人は強く否定しています)職人さんではないのだから、そんなきっちりしなくても良いと思っています。

ですが、こんなわたしでも「和服」には手を出しておりませんでした。成人式も「帰省するのが面倒」と言って出席していません。和服を着ない理由は「面倒くさそう」です。
ですが、こちらの記事を拝見し、ココロが激しく揺れ動いています。いえ、以前から正直ぐらんぐらんしてました。荻原和歌さんと言うライターの記事「ロフトのはしごの上り下りも、ライブ会場も着物です」(出典不明、忘れました…)と言う記事を見た時も、必死で見て見ぬふりしてました。
どうしよう、着物って自由らしいですよ? 「活動的でない」という理由から避けてましたが、それも慣れっぽいですよ? 実家に着物、わんさか余ってますよ? 「着物が似合わない体型」と思っていましたが、それなりの着方もあるらしいですよ? ちなみにわたし、和文様オタクですよ? 

ちなみに、その他気になった着物系?ブログ新・ダイヤ氷さんにもぐらんぐらんです。何かこう、洋服を選ぶのと同じ様に和服を選ぶのもアリな…ん………、じゃ…?(ゆらぎを表してみた)

ココロは今、なんだか崖っぷちです。どうしましょう…
[PR]
by sae_1975 | 2005-04-18 12:21 | 日々 雑事

「"持続可能な社会"ってどんな社会?」を考える、ちょー珍走編

…終わった_| ̄|○
EBRTEE第二回「"持続可能な社会"ってどんな社会?」に参加したい! と思い、考えはじめたのはよかった?のだけれど、夫に話した所大議論になってしまい、昨日寝る直前まで議論してました。疲れた…。
こっから下はめっちゃ暴言吐いています。無駄にアツくてウザイです。ご注意ください。書いた本人も訳わかってません。




しかし「持続可能」って、使いようによっちゃ危険な言葉だなーと感じました。持続可能って何ぞや?と思い、検索してみたり辞書繰ってみたりしたのですが、とある広告で「持続可能」を売りにしたものを見ちゃいました。
環境問題において、「持続可能」と言う言葉は、現在が持続可能では無いと言う認識のもとに使われているのだと思います。どうやって持続可能な方に向かうかを語ったり研究したりする際に使われる事が多い様に感じます。
しかし、その広告の使われ方はちょい違ってました。(つうか、違う様に感じました)
「こんな技術が使われているから《エコロジカル》《持続可能》なんですよー☆もう安心☆(勿論こんなあからさまじゃ無かったです;)」
…みたいな。気のせいだと言われたらそれまでですが。
環境問題に対し、正確な認識がある人は少数だと思います。大多数の人は、そんなイメージ戦略使われちゃうと「環境問題は解決に向かってる?」と思われそうです。
(ちなみに、これと同様の事を「エコロジー家電の広告」にも感じます。決してエコロジー家電や技術を否定するものではありません。本当です〜><;)
別にメーカーに対し、売る努力をするなと言っている訳ではありません。ただ環境保護の分野で使われる事の多いこの単語(しかも意味がよくわからない←わたしだけか;)をこんな風に使うのはアンフェアじゃないんですか?って事です。
…話めっちゃそれました。「持続可能」って言葉は、使いようによっちゃ思考を打ち切らせる言葉になりそうで恐いなーと思ったのでした。
[PR]
by sae_1975 | 2005-04-18 02:34 | 日々 雑事

「"持続可能な社会"ってどんな社会?」を考える

EBRTEE第二回「"持続可能な社会"ってどんな社会?」に参加してみます。
EBRTEEの内容、他の方のご意見はリンク先参照願います)
普段ぼんやりと考えていた事を、「文章」として考える機会をいただきました。ESDさんシュトウさんさんにとても感謝しています。

まず、「持続可能な社会」とは、「現在の文明、文化、生活水準をなるべく維持したまま人類が生存し続ける社会(あくまで民主主義で)」と捉えます。
そうすると、シュトウさんの意見とほぼ同じです。赤字(って言っていいのか)をむやみやたらと補填しようとした所で、いろいろな歪みが出てきます。エネルギー資源で言うと、原子力発電は「とりあえず補填」だったのでしょう。(原子力発電は、見切り発車だったと思っています)無い袖は振れません。現段階では枯渇しかけている資源の使用を控え、新たな技術の開発を待たなければ、本当に枯渇します。
しかし、今の価値観でそれができるのでしょうか? 今の社会は、「まず消費ありき」で動いている様に感じます。資源の使用を控える事は「生産を控える→消費を控える」でもあります。消費を控える事は、あらゆる所で消費を煽られる今の社会では、多くの人にとってストレスとなるでしょう。
それに、「大量消費、大量生産の現場」の人たちの雇用が無くなる事も問題です。経済格差は不満を生み出し、「持続可能な社会」そのものを否定されかねません。
ですから、大多数の人が「持続可能な社会」の立場に即した価値観に変換を図る必要があると思います。教育やメディアも変わらなければならないのでしょう。
「持続可能な社会」には、「大多数が環境について共通の認識を持ち、その認識に基づいてデザインされた社会」も含まれると思います。

…えーと、乱暴で穴だらけの話だと思います。ツッコミお願いしますm(__;)m
[PR]
by sae_1975 | 2005-04-18 00:33 | 環境問題(β版)

出来た…

メニュー欄にリンク集が出来ました。エキサイトヘルプには載ってなかったので(多分。見落としていたりして;)、いろいろうろうろしてしまいましたが。
かなり、強力におすすめなサイトばっかりです。これからも増えるかと思います。

後は、AMAZONへのリンクの張り方を知りたいです。画像ごと引っ張って来れると良いのだけれど。
それが出来ると、引用などかなり楽になりそうです。
[PR]
by sae_1975 | 2005-04-16 00:13 | 日々 雑事

○| ̄|_日誌

花見の跡、ごみの山 伊勢宮川堤公園、2日で3・7トン

…◯| ̄|_
イヤ、毎年あるニュ−スの一つですが。毎年「うげぇ;;」って思っていましたが、こんなにがっくりきたのは始めてです。
正直、去年までは「まあ、無礼講だしストレスたまっているだろうし」などと思っていたのですが、今年はちょっと違います。
この人たち、いつもこんなに散らかしまくっているんだろうか?
思うに、いつもは「普通の」人たちが大多数だと思います。(いつもこんなだったら、社会人としてもヤバいような…;)「花見はこういう事をしても許される」という「風潮」が根付いているのだろうな、と思います。そしてそれが伝播していって、続いていって…。
超!極論ですが、ゴミを放置して帰ろうとする団体の側に、こんな「サクラ(花見と掛けた訳じゃないですよ;)」を置いてみるのはどうでしょう。
(ここからサクラの人たち。周りに聞こえる様に)
「えーあの人たちゴミ置いて帰ってるー」
「マジ?超うざ!」
「ていうか超ありえなくない?」
(サクラ、笑いながら退場)
…何の三文芝居ですか。本当スミマセンm(__;)m
何にしても、ゴミを放置するのは恥ずかしい事、間違った事だと言う認識が広まって大多数になると、ゴミ放置派が肩身狭くなって減りそうな気がします。
(…本当は、「ゴミ」がこんなにでるのってどうよ?と思っていますが)

<どうでもいい話>
今度、こういう記事(というにはおこがましすぎるレベルですが)を書いてみようと思ってます。
「《欲しい》を科学する」と「農業の位置と就職」です。
特に「農業の〜」の方は気になる記事があったので、投稿できたら初トラックバックしてみようかな〜と。が、がんばろう!(首締めてるかな〜;;)
[PR]
by sae_1975 | 2005-04-15 23:10 | eco日誌

水筒二本目!!

d0021080_11563374.jpg


新しい水筒を購入しました。手前のステンレスカラーのマグタイプです。350ml。
奥の水色×黄色の水筒500ml(4年くらい使用)を使わないのではなく、ちょっとお出かけする時などはマグの方を使おうと思っています。500mlは、専業主婦のわたしの外出にはちょっと大きく感じていたので。(お勤め中の時は良かったんですけど…)長時間外出の際には、もちろん500mlさんにも働いてもらいます。病気の時にも。
わたしは、水筒のカバーを作るのが好きです。500ml水筒にも5つ作っています。着せ替え状態です(^^;)バッグや服に合わせて選ぶのが楽しいです。作るのも楽しいです。(着せ替えって…エコじゃないですよね、ごめんなさい。でも、可愛い物でないと持ちたくないんです。わがままだな〜)
もちろんこの350mlマグにも作ろうと思っています。かぎ針に挑戦してみようかな、洋裁のあまり布を裂いて。
[PR]
by sae_1975 | 2005-04-14 12:17 | eco日誌

知る事を恐れない事

いろいろな事を学ぶ様になって、行動する事が少し怖くなってきました。でも動かないわけにはいきません。ジレンマです。

今まで知っていた「経済の仕組み」が、実は市場経済に偏っていると言う事。
ただ分別して捨てればいいと思っていた「資源ゴミ」の行方。
安い安いと喜んで買っていた「モノ」が、「経済格差」「環境ホルモン」「資源」etc
いろいろな問題を含んでいること。

正直、「うわー見なきゃよかった」と思った事もあります。しかしこの問題に真剣に取り組んでおられる方がいらっしゃる事も知りました。
むかつくけど、「環境問題」をお題目にして利益を貪ってる方々もいます。地獄に落ちろ★
しかし、自分の生活の範囲内において、わたしたちは選ぶ事が出来るのです。より「安全」で「安心」な物を。
選ぶために知識を持ち、値段の大小以外の選択基準を持つ事が出来ます。知識は知恵によって、武器や防具になります。
知る事を恐がるのではなく、知った事をどう生かすか。知る事は決して恐い事では無いはずです。
[PR]
by sae_1975 | 2005-04-14 10:05 | お勉強@野望編